• TJARとは?
  • 大会概要
  • お知らせ
  • 選手紹介
  • Now Here !
  • 過去の大会
HOME    お知らせ    2017年4月の一覧

お知らせ

2017年4月の一覧

2017/04/18【実行委員会から】
大浜海岸にモニュメントが設置されました

TJARのゴール地点である大浜海岸(静岡市駿河区)に、この場所がTJARのゴール地点であることを紹介するモニュメント(記念看板)が、静岡市により設置されることになり、その除幕式が2017年4月16日に行われました。

20170416_132541.jpg

静岡市長の田辺信宏氏の挨拶に続き、TJAR実行委員会を代表して実行委員の湯川が挨拶を行いました。その後、静岡市商工会議所名誉会頭の後藤康雄氏、静岡市議会副議長水野としお氏の挨拶の後、モニュメントの除幕式を行いました。

モニュメントは、想像以上に大きいもので、2012年大会までゴール地点運営本部を設けていた大浜海岸のロータリー脇に設置されました。選手がゴール直前に通過するポイントであり、TJARを目指す人にとっては、まさに「あこがれの地」となります。

今年は、TJAR開催年ではないので、多くのチャレンジャーが試走を行うと思われます。静岡市内のロード区間を試走する人は多くないかもしれませんが、それでもゴールである大浜海岸を一度見ておきたいと思う人は少なくないかと思います。

スタート前に魚津ミラージュランドの石碑に見送られ、長い行程の末、ゴール地点でこのモニュメントを目にすることをイメージしてもらえると、モチベーション・アップになるのではないでしょうか。

20170416_134530.jpg

2017/04/06【ニュース】
分水嶺トレイル

2017年はTJARはお休みします。
今年1年、2018年に向けてトレーニングをされる人も多いかと思います。その練習として「分水嶺トレイル」に参加してみませんか?

 

 

【分水嶺トレイル】

今年で6年目を迎える縦走形態のトレイルレースです。秩父多摩甲斐国立公園内の4つの百名山(雲取・甲武信・金峰・瑞牆)と4つの分水嶺(多摩川・荒川・富士川・千曲川)を3日以内で踏破し、清里の獅子岩までたどり着く、登山道95%の縦走レースです。   

スタートの奥多摩、鴨沢からフィニッシュは清里の獅子岩まで、沿面距離Aコースが84km(累積標高差8,000m)、Bコースが120㎞(累積標高差12,000m)と大変タフな縦走大会です。

 


4月25日がエントリー締め切りとなっています。
エントリー忘れの方、初めて聞いた方、興味のある方は下記のURLより入って、要綱、申込書をお取り寄せください。
百名山とのふれあい、分水嶺とのふれあい、山小屋とのふれあいがあり、新バリエーションルートも加え十二分に満喫できます。

7泊8日の旅が好きな方は青梅からのBコースをお勧めします。
東京の自然を最大限に楽しむ長沢背稜もあります。

 

【詳細・お申込み】
http://www.yamatanoclub.com/bunsui.html

変換 ~ 50瑞牆山頂.jpg

  1 
PAGE TOP